勝浦八幡神社例大祭その2

勝浦八幡神社例大祭その1の続き)

神輿は漁港に着くということで、先回りをして漁港で待機することにしました。

伝統的な造りの伝馬船が係留されています。

それにしても今日は絶好のお祭り日和です

しばらく経つと港を囲むように人が集まってきました。

そして次々と男衆が伝馬船に乗り込み、港内を威勢の良い音頭と共に周回し始めました。

櫂伝馬というこの行事は、伝統的な漁港の男衆の力強さが象徴されていて、圧巻です。

行事が終盤に差し掛かる頃、満を持して!のタイミングで神輿を担いだ男衆が港に現れました。

勢いをつけて、なんと

神輿もろとも海にダイブ…

そして、神輿を引き上げ、

小舟に載せ、

夕陽の沈む中、海路、神社へと戻っていきました。

この、海中で神輿を浄める行事『いざかた船溜』は、那智勝浦町の無形民俗文化財に指定されているそうです。

那智勝浦町にきてまだ一週間と少ししか経っていませんが、 貴重なものを見ることができ、とても良い経験になりました。