まぐろ

那智勝浦といえば?

ここでの答えは、まぐろです!

前回の日記にも書いた通り、ほぼ本州最南端に位置している那智勝浦町ですが、 黒潮によって漁場に恵まれているため、 近海で獲れる通称『生マグロ』の水揚げ量が全国一だそうです。

漁場が近い=冷凍しなくて良い=生マグロ

なんだか新鮮なイメージですね!

なので、街を歩くと必ずと言っていいほどマグロ関連のなにかが目に入ってきます。

まぐろ丼!と書かれたのぼり、 かなり巨大なまぐろの絵、 謎のまぐろ饅頭(!?)の看板、 勝浦漁港にはたくさんのマグロ漁船が停泊しています。

紀伊勝浦駅を降りたすぐ目の前には、

迫力があります。実物大なのかもしれません。

そして、那智勝浦といえば温泉でもあるのですが、 勝浦漁港に隣接する足湯『海乃湯』には、

白波とまぐろをあしらった模様が美しいタイルです。

那智勝浦町には、かなりの数の温泉があるみたいなので、 温泉についてはまた、詳しくレポートしたいと思います!

それでは今日はこの辺で失礼します。