いよかんマーマレード

かなり前の話になりますが、いよかんマーマレードを作りました。

みかんと同様に、愛媛松山ではいよかんが容易に手に入ります。 みかんに比べると、いよかんは食べにくいし大きいので、 本当はちょっとの量だけ楽しみたいのですが、 みかん並みにダンボール単位でもらえたりするため、 冬が終わる頃にはスカスカのいよかんを食べるハメになります。

そういうわけで、スカスカになる前にマーマレードにしてしまいます。

マーマレードなので皮が主役です。傷が入っている部分は取り除きます。

できるだけ薄く千切りにします。

右はスライサーを使ったもの、左は包丁で切ったものです。 贅沢に別々の鍋で作ることにしました。

皮を剥いた実と種です。実は濾して使います。種からはペクチンというものが取れるらしいのでとっておきます。

砂糖は家にあるけど使い道がない三温糖を使います。

あとは良い感じになるまで煮詰めます。

途中で種を投入します。ペクチンが入っているので凝固作用的なものが発生して良い感じになります。(たぶん)

水分がまあまあ無くなったら完成です。

それぞれ瓶に詰めました。

食べた感想は「かなり美味い」です。 こんなに簡単にマーマレードが作れるなんて、驚きました。

あと、皮を切っている時のいよかんの香りが最高。

毎年いよかんが余ってしまう人はぜひ作ってみてください。