Daiwa+佐藤可士和=DAIWA

半月ほど前に朝飯を食べながら釣具店の広告を見ていた。

見覚えのないメーカーのリールがまあまあの値段で売られている。

SHIMANOの特売はあるけど、Daiwaがない。

なぜ?SHIMANO専門店?いや、Megabassゴリ押ししている…

それにしてもあの怪しいメーカーはなんや…

月日は流れ、そして昨日、

なんとなく、佐藤可士和のウェブサイトに行った。

ついに絵本を書いていたり、お米のブランディングをしていたり、

てっきりダイワハウチュとか大和証券と思ってスルーしかけたこのDAIWAがまさか、

オレ達の憧れの世界のDaiwaだったなんて。

少し前まで、

だったはずが、

こんなことに…。これ広告に載ってた謎のメーカーのマークだ。

どっちがスタイリッシュかと言えば、今のロゴ。でも釣れそうなのは前のロゴ。

ウェアもモデルもなんだかWhite Mountaineeringのカタログみたい。

やっぱり「これからは釣りっしょ~」って感じで売れるんだろか。

それとも既に若者の間で釣りブーム到来しまくりなんだろか。

とりあえず、佐藤可士和が既に『時代のアイコン』になっていることは確か。

いずれこのロゴ入りのリールやロッドが眩しくなる日がくるだろう。

そこらを走るランドクルーザーの後ろもしくは横の窓にシールが貼られる日も近いはず。

あーいい竿いいリールで釣りがしたくなってきた。