ちきゅうがやってきました!

10月17、18日に地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開が行われます。

その「ちきゅう」が先立って新宮港に到着したので、見に行ってきました。

というのも、「ちきゅう」に乗船をしている研究者の方々が長いお仕事の疲れを癒すために、 僕の研修しているホテルに宿泊することになっていて、そのお迎えに行ってきたのです。

ですが、その時は仕事中で写真を撮ることができかったので、改めて別の日に行ってきました。

初見のインパクトをできるだけ再現してみます。

国道42号線を新宮方面に走っていると、新宮市に入ってすぐ電波塔のような建造物が見えました。

車を運転する上司の方が、「あれやでー」と言うまで普通に工場かと思うほどの高さでした。

海が開けるとやっと船だとわかりましたが、それにしてもでかいです。

海面からてっぺんまでの高さは121メートルです。

港に行く道に曲がると「ちきゅう」が真横から見えます。

やっぱり工場にしか見えません。ちなみに、係留するのに4時間かかるそうです。

電波塔みたいに見えるところは『デリック(掘削やぐら)』と呼ぶらしいです。

てっぺんまで上がってみたいです。一般公開が待ち遠しいです。

やっぱり工場にしか見えません。とにかく迫力があります。

もちろん今は中には入れないので、10月17、18日は絶対見に行きたいと思います。