合宿免許

お隣は香川県の多度津町というところまで、車の免許を取りに行ってきました。

合宿免許というと山奥の田舎でというイメージがありますが、多度津町は割となんでもある普通のまちでした。

昔、金曜ロードショーかなんかで館ひろし主演の『免許がない!』という映画を見たとき、自分がこの年齢になるまで車に乗れないダサい男になるとは夢にも思ってもいませんでした。なぜなら父は元アマチュアラリードライバー、母は田舎の運送会社の娘、姉は走り屋です。車より自転車が、自転車より食べることが好きなので、授業の合間に多度津町を食べ歩きました。

香川といえば「UDON」だろうということで近場の有名店へ行ってきました。

上は「たかや」の釜揚げうどん、下は「根っこ」のかけうどんです。

どっちも、だしが美味いんですよ。

「骨付き鳥」も有名らしく、地元の方が集う「よこた」で食べることができました。

隣町の善通寺市にある「岸井うどん」にも行ってきました。ビニールハウスで出来たお店です。

教習所のすぐ近くには四国霊場のひとつ、「道隆寺」がありました。本堂が新しく、綺麗でした。

歴史のある場所は落ち着きます。白檀の香りも。

少しだけ暇な日に、これまた隣町の丸亀市にも行ってきました。

丸亀城に行くまでは天守閣を見るつもりでしたが、こんなに高くにあるのでやめました。

駅前にある「猪熊弦一郎現代美術館」でやっていた『杉本博司 アートの起源|科学』展を見てきました。わけわかんないアートでした。さりげなくニュートンの初版本とか置いていて驚きました。なにより谷口吉生師匠のMAX居心地のよい空間にお腹いっぱいでたまりませんでした。

計画性のなさすぎる自分にとって、免許取得はとても大きなハードルだったのですが、2週間弱でこんなに簡単に免許が取れるなら、もっと早くとっておけば良かったかもと思いました。若手のヤンキーとたくさん話して「近頃の若者」の話を聞けたことがいちばん良かったです。

また今度、香川に来てうどん巡りをしたいと思いました。ちゃりで。