日本一短い川!ぶつぶつ川

ぶつぶつ川に行ってきました。

ぶつぶつ川は、那智勝浦町の南のほうにあります。

自分が住んでいるところからだと、10キロぐらいあります。(那智勝浦町はとても広いです!)

途中に、くじら・いるか漁で有名な太地町を通過します。

交差点で、くじらをモチーフにデザインされた風力発電機を見つけました。

JR下里駅というところから少し行った海のそばにぶつぶつ川はあります。

ちゃんと「二級河川」と書かれた看板があります。

ブツブツと湧水が湧いていたことから、この名前がついたそうです。

わずかこれだけの長さです!その距離、13.5mです!!

この「ぶつぶつ川」と書かれた木の板の下の石の隙間から水が出ています。

もちろん湧水なので、とてもきれいです。水を汲んで帰る人用に柄杓と漏斗が備えられています。

近所に住む方々は、野菜を洗ったり洗たくに使ったりしているそうです。

ちなみに、ぶつぶつ川は日本一短い川ですが、日本一長い二級河川は和歌山にある「日高川」だそうです。

その距離、127km。ぶつぶつ川の約1万倍です…。

近くには「玉の浦海水浴場」というとても眺めの良い海があります。

夏の海水浴のついでに訪れてみるのも良いかもしれませんね!