ちきゅうレポート!

地球深部探査船『ちきゅう』号の一般公開に行ってきました。

前回の記事では、撮影した写真を紹介しました。

その写真について、簡単に解説したいと思います。

ちきゅう階段

百貨店の階段みたいになってました。9階ぐらいあるそうです。

ちきゅうデリック

このデリックの頂上にはあがれませんでした。

ちきゅうドリル先端

地底を掘るドリルの先端部分はダイヤモンドが擦り込まれているそうです。(黒い丸い部分)

ちきゅうCTスキャン

採取した地底の土や岩石を分析する装置のひとつは、まさかのCTスキャンです。

ちきゅう微生物写真

地底で採取されたサンプルの中で発見された微生物の顕微鏡写真です。凄く小さいです。

そもそも、なぜ新宮港にこの『ちきゅう』号がきているのかと言うと、 紀伊半島の沖の海底には「南海トラフ」という活断層があるらしいのですが、 その「南海トラフ」には世界中の地質学者や生物学者が研究対象にしたい資源がたくさん眠っているそうなのです。

今回の航海ではその「南海トラフ」での掘削データをもとに、南海地震のメカニズムを研究したそうです。

(ただ、研究発表パネルを見ても自分はちんぷんかんぷんでした)

入船記念にピンバッチをもらいました。かっこいいです!

ちきゅうピンバッチ

あと記念品を販売するテントでTシャツを売っていたのですが、 このTシャツをデザインしたのはgroovisionsという有名なデザイン集団だそうです。 すごくかわいいデザインだったので、記念に1枚買いました。

ちきゅうTシャツ

この辺りは決して都会ではなく、不便なことも多いですが、 こういう世界最先端の研究に触れることができるのは素晴らしいことですね。